ブラックリストって載ったら一生消えないの!?そもそも載っちゃう理由って何?

カードローンやキャッシングの利用検討時、一度はブラックリストという言葉を聞いたことがあるでしょう。

載るとローンの申込みができなくなったりと困ったことがあることはよく知られていますが、意外と知らないことも多いかもしれません。

ブラックリストとはなんなのか、載る理由や期間などブラックリストのあれこれをご紹介していきます。

ブラックリストというリストはない

まず、ブラックリストという名前なのだからそのようなリストがあるのだろう、そんなことを思うこともあるでしょう。

しかし実際にはそのようなリストは存在しません。

ブラックリストとは、個人信用情報機関に様々な理由によって傷がついてしまっている、つまり良くない情報が載っている状態を指します。

黒いリストに名前がずらりと記載されているわけではないということは念の為覚えておくとよいでしょう。

ブラックリストに載る理由はいろいろ

ではブラックリストに載る状態、すなわち信用情報に傷がついてしまう理由には以下のようなものが挙げられます。

  • 延滞
  • 債務整理
  • 携帯分割未払い
  • 多重申込み

ひとつずつ見ていきましょう。

まず延滞です。

借りたお金を期日までに返していないという状況ですね。これはすでにカードローンやキャッシングを利用しているという方は勿論、クレジットカードの引き落としができなかった場合などにも発生します。

具体的には61日以上3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるものとされていますが、一般的には二ヶ月程度支払いが遅延してしまった場合にはほぼアウトであると考えられています。

次に債務整理です。

借りたお金を返済することができなくなった場合に行う自己破産などの手続きですが、任意整理や代理弁済も含めてアウトとなります。

少し乱暴な言い方になりますが、債務整理というのは融資側としたらせっかくお金を融資したのに返されることなく逃げられてしまったという形です。

そんな人にはもうお金を貸したくないというのは、誰でも考えることでしょう。

ちなみに債務整理をしてしまったらもう一生ブラックリストから消えないのかというとそんなことはありません。

この点に関しては後述します。

ちなみに過払い金請求をしてもブラックリスト入りであったのは過去の話で、現在は載ることはなくなりました。

次に携帯電話の分割支払が未払いの場合です。

昨今携帯電話の端末というのはかなり高価になっているため、分割で支払うようにしている方も少なくないかと思います。そのほうが結果的に安く購入できたりとお得感を感じることができますよね。

しかしその支払いが滞ってしまった場合にはブラックリストに載ってしまう可能性があります。

三ヶ月程度延滞してしまったのであればほぼアウトと思っておいてよいでしょう。

実はこのパターンによってブラックリスト入りをはたしてしまう人は増加傾向にあります。

意外と忘れがちなポイントなので、チェックしておくとよいでしょう。

最後が多重申込みです。

こちらはカードローンやクレジットカードなどに短期間、あるいは同時にたくさん申し込んだ場合を指します。

とにかくお金が必要だということもわかりますが、お金を貸す側としては闇雲に申し込みを行っている人に見えます。

そのような人は信用しづらいし嫌だなと思ってしまうものですから、ブラックリスト入りしてしまうことも考えられるのです。

クレジットカードやキャッシングに通るか不安だからいくつか申し込んでおこう、この考えは注意が必要ですね。

ブラックリストには期間がある

ブラックリストに載ってしまうとそのままなのかというと、そうではありません。

実はブラックリストに載る期間は一定期間であり、ある程度すると事故情報が削除される仕組みとなっています。

例えばクレジットカードやカードローンへの多重申込みの場合、6ヶ月程度できれいになります。

支払い遅延の場合にはおおよそ5年程度であると思っておいてよいでしょう。

債務整理をした場合はやはり少し厳しく、10年ほどかかることも珍しくありません。

ブラックリストに載ったから終わりではない

ブラックリストに載っているとクレジットカードを新しく作れなかったり、住宅ローンなど各種ローンが組めません。

しかし逆に言えばそれらを行う必要がないのであれば、特にデメリットになる部分はないということになります。

もし載ってしまっても就職や転職が不利になるということはありませんから、考えすぎないことも必要です。

勿論載らないに越したことはありませんので、普段から支払いなどを意識しておくとよいでしょう。

まとめ

  • ブラックリストに載るということは支払い遅延情報や事故情報が信用情報故情報に登録されることを指す。
  • 登録される理由はカードローンやクレジットカード支払いの遅延や携帯電話分割料金未払い、債務整理など様々。
  • 登録された情報は一定期間経つと削除されるが、その期間は理由によって異なる。
  • 登録されたからといって就職や転職が不利になることはないが、載らないように意識することは大切。