返済は期間内に正しく行うことが大切

キャッシングの返済は、速さではなく正確さが大事です。月々の返済分をしっかりと、指定の口座に振り込むなりすることが一番重要で、金額が5000円だろうと1万円だろうと、予め決められている返済額を毎月の期限までに納めきれれば問題にはなりません。

月の返済額以上のお金を振り込んで、予定よりも早い完済を目指す繰り上げ返済は、あくまでもお金を借りたものの意思で行う事であって、実践するもしないも本人次第です。キャッシング会社としては、早く完済してもらうよりも、安定したスピードで返済計画通りの利息を支払ってもらえる方が喜ばしいことなので、繰り上げ返済の方法を積極的には勧めません。

つまり先月は3か月分の返済をまとめて行ったから、今月は月の返済分に届かなくても大丈夫だろう、と考えるのは間違いだということです。キャッシングは先月の繰り上げ返済を評価せず、今月の返済を滞らせている事実だけを見るので、信用を失う結果になります。

繰り上げ返済を目指すのも良いですが、後からきつくなるほど無理をするのは禁物です。毎月の返済をきっちり行うことを第一の目標にして、持てる余裕の分だけを繰り上げ分に回しましょう。返済は期間内に正しくが基本です。